1. アーカイブス >>
  2. 2012年度

サイエンスパートナーシッププロジェクト(SPP)

「サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト(講座型学習活動支援)」(SPP)は、科学技術、理科、数学に関する観察、実験、実習等の体験的・問題解決的な学習活動を支援しています。本研究室もSPPの活動に参加しており、2013年6月19日にSPPを実施しました。

レーザーセンター発表会2012年度

本研究室が所属するレーザーセンターでの卒論、修論発表会が無事終了しました。参加したみなさんお疲れ様でした。

第9回東京農工大学・電気通信大学合同シンポジウム

毎年開催している農工大・電通大合同シンポジウムも今年で9回目となりました。両大学で様々交流が図られてきて、今年はじめて合宿形式の合同合宿コロキウムも開催しました。本年度から学生主体を重視し、今回のシンポジウムではポスターセッションの中にデザイン賞・プレゼン賞・進歩賞・総合賞が設けられました。

調布祭にて研究室を公開しました。

調布祭にて学部生、外部向けに研究室を公開しました。

レーザー科学に関する国際ワークショップを開催しました

レーザー科学に関する国際ワークショップを2012年10月5〜6日にかけてレーザー研主催で開催いたしました。ワークショップでは高度なレーザや周波数標準、超高速光学、量子光学、高エネルギー密度物理学、原子およびイオン物理学などのレーザー科学の様々な分野について議論されました。

サイエンスパートナーシッププロジェクト(SPP)

「サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト(講座型学習活動支援)」(SPP)は、科学技術、理科、数学に関する観察、実験、実習等の体験的・問題解決的な学習活動を支援しています。本研究室もSPPの活動に参加しており、2012年9月22日に5回目となるSPPを実施しました。

多摩地区合同合宿コロキウムに参加

電通大と農工大は、ともに東京西地区(多摩地区)にある理工系大学であり、その地理的な近さから、これまでに様々な交流がもたれてきましたが、21世紀COEプログラム(農工大:ナノ未来材料(化学・材料科学分野)、本学:コヒーレント光科学の展開(数学・物理学・地球科学分野))がそれぞれ採択されたことを・けて、2003年から毎年12月に合同シンポジウム(参加者300名規模)を開催しています。この合同シンポジウムは、本年で9年目を迎えますが、この間に、教員間、学生間の交流も広く深く浸透し、シンポジウムで行われる学生を中心としたポスターセッションは、例年、大変な活況を呈す一大イベントとなっています。このような状況を踏まえ、今回新たな試みとして、合宿形式のコロキウムが企画されました。

レーザーセンター発表会2011年度

本研究室が所属するレーザーセンターでの卒論、修論発表会が無事終了しました。参加したみなさんお疲れ様でした。