電気通信大学レーザー新世代研究センター

中川賢一研究室

発表論文

中川賢一教授の発表された論文はこちら

 
学生論文

ここでは、これまでの卒業論文や修士論文、博士論文のタイトルを記載しております。2020年度以前のタイトルは各年度をクリックすることで表示できます。

2021年度

 
山崎 智樹修論可搬型原子干渉計の開発
吉田 佑策修論空間光変調器を用いた無欠損な原子アレイの作成方法の開発
飯倉 佑樹卒論単一原子のトラップ及び観測ための高 NA レンズの開発
高村 海渡卒論可搬型原子干渉計型重力計のための小型センサーヘッドの開発

2020年度

 
石川 悠修論原子干渉計を用いた重力加速度計のための可搬型レーザーシステムの開発
奥野 央志修論トランスファー共振器を用いたRb原子Rydberg状態励起用レーザーの開発
羽石 暁修論原子干渉計を用いた重力加速度計のための冷却原子生成システムの開発
北条 孟卒論原子干渉計のための周波数基準レーザーの開発
石橋 裕生卒論トランスファー共振器を用いた波長1013nmレーザーの周波数安定化

2019年度

高瀬 直美修論Rydberg励起用周波数安定化波長420nm半導体レーザーの開発
山崎 智樹卒論外部変調器を用いた広帯域可変周波数安定化レーザー
吉田 佑策卒論原子干渉計に用いる冷却原子源の温度評価

2018年度

鈴木 皓詞卒論1560nm半導体レーザーの第二高調波を用いたRb原子レーザー冷却用光源
石川 悠卒論原子冷却用レーザーの周波数安定化
奥野 央志卒論Rb原子の変調移行分光を用いた420nm半導体レーザーの周波数安定化
羽石 暁卒論原子干渉計のための磁気光学トラップの開発

2017年度

渡邉 直登博論光周波数コムを用いた高精度レーザー分光計の開発
田村 光博論光マイクロトラップアレー中の冷却リュードベリ原子を用いた量子シミュレータ
笹川 瑞樹修論極低温原子気体を用いた弾性衝突過程によるイオン冷却の観測
中井 良輔修論高フィネスUEL共振器を用いた波長729nmの半導体レーザーの狭窄化
豊沢 一海修論Rb原子のリドベルグ状態励起用周波数安定化レーザーの開発
高瀬 直美卒論周波数安定化420nm青色半導体レーザーの開発
西本 捺美卒論欠損の無い単一原子アレー形成の為の最適経路探索プログラムの開発

2016年度

千葉 学修論冷却リドベルグ原子集団を用いた非線形量子効果
山口 裕介修論光マイクロトラップアレーへの単一原子ローディング効率の向上
須藤 慎修論フォトカウンティングによるリドベルグ状態でのRb原子のEIT信号観測
原田 倫圭卒論トランスファー共振器の周波数評価システムの開発
岩間 翔平卒論FPGAを用いたレーザー周波数の安定化

2015年度

竹村 直貴修論 Rb原子リドベルグ状態励起用高出力周波数安定化レーザーの開発
海上 智行修論2次元光格子中の 87Rb原子におけるリドベルグブロッケード
山本 真稔修論原子物理実験用デジタル制御周波数安定化レーザー
小川 寿幸卒論半導体レーザー用ローノイズ電流源の雑音評価
豊沢 一海卒論変調移行分光法を用いたRb安定化周波数基準レーザーの開発

2014年度

田村 光修論 光誘起衝突を用いた光マイクロトラップ中の原子数制御
照井 李佳修論
金井 大輔卒論トランスファー共振器を用いたリドベルグ状態励起用960nm半導体レーザーの周波数安定化
中 信長卒論干渉フィルターを用いた1.5μm帯狭線幅波長可変レーザーの開発
山口 裕介卒論原子干渉計用周波数オフセットロックレーザーの開発

2013年度

渡邉 直澄修論電気光学変調器型周波数コムを用いたデュアルコム分光の開発
堀 憲真修論冷却Rb原子を用いた原子干渉計による可搬型重力加速度計の開発
千葉 学卒論干渉フィルタを用いた外部共振器半導体レーザーの開発
山本 真稔卒論原子干渉計を用いた重力加速度計の開発
海上 智行卒論高フィネス光共振器を用いた半導体レーザーの周波数安定化

2012年度

小野田 圭吾修論冷却原子を用いた原子干渉計による重力加速度計の高感度・高精度化
鈴木 勇輝修論全光学的BEC生成のための光双極子トラップ用高出力レーザーの開発
島津 享平修論重力加速度計のための低周波防振システムの開発
田村 光卒論Rb原子を用いたリドベルグブロッケード実験のためのレーザー光源開発
竹村 直貴卒論Rb原子の光双極子トラップ用の高出力単一周波数Nd:YVO4レーザーの開発
奥村 勉卒論レーザー・ドップラー血流計の研究

2011年度

小林 康行修論原子間のエンタングルメント実現のためのRb原子のリドベルグ状態励起用475nm光源の開発
堀 憲真卒論外部共振器型半導体レーザーの開発と光周波数コムを用いたその周波数安定度評価
渡邉 直登卒論原子干渉計用高精度光位相同期レーザーの開発

2010年度

奥山 大輔修論一次元光格子中における87Rb原子のRydbergブロッケイドの実現
平井 秀一修論全光学的に生成したBECを用いた原子干渉計の開発
小野田 圭吾卒論光位相同期半導体レーザーの開発
鈴木 勇輝卒論周波数オフセットロックレーザーの開発
島津 享平卒論高フィネスファブリーペロー共振器による半導体レーザーの周波数安定化

2009年度

加地 真英修論Rb原子の2波長双極子トラップ
渡邊 智貴修論Rb原子のRydbergブロッケード実現のための高出力・高安定480nm光源の開発
小林 康行卒論Rb原子D1線励起用の波長795nm半導体レーザーの開発
牟田 真弓卒論低速Rb原子線源の開発

2008年度

関邨 哲夫修論全光学的手法による87Rb原子のBEC生成
杉江 宏太修論アトムチップを用いたBEC生成装置の開発
福泉 美穂修論波長480nm青色周波数安定化レーザーを用いた87Rb原子のRydberg原子間相互作用の研究
平井 秀一卒論光周波数コムを用いたレーザーの絶対周波数測定

2007年度

玉木 嘉人修論光双極子トラップ中のリドベルグ原子の双極子ブロッケード
豊永 匡利修論光格子中のBEC原子を用いた原子数スクイーズド状態の生成
加地 真英卒論冷却87Rb原子の光双極子トラップ
渡辺 智貴卒論磁気トラップによる冷却87Rb原子の輸送

2006年度

堀越 宗一博論アトムチップ上のボーズ凝縮体を用いた原子干渉計
江村 真史修論静電場を用いたアトムチップによる原子操作
後藤 亮彦修論アトムチップを用いた40Kフェルミ縮退原子の生成
関邨 哲雄卒論光定在波によるBECの操作

2005年度

小田 悠介修論原子干渉計を用いた高精度な重力加速度計の開発
中川 悠輔修論単一原子トラップを用いた原子操作
玉木 嘉人卒論ルビジウム・カリウム同時トラップ用レーザー光源の開発
豊永 匡利卒論カリウム原子レーザーの冷却用光源の開発

2004年度

鈴木 祐介修論光双極子トラップを用いたBECの操作
後藤 亮彦卒論原子泉実現のための原子打ち上げ装置の開発
柳瀬 数昌卒論87Rb原子の5P3/2-4D5/2遷移のレーザー分光

2003年度

中川 悠輔卒論アトムチップの開発とその評価
中薮 剛卒論レーザー冷却Rb原子を用いた原子干渉計

2002年度

堀越 宗一修論ワイヤートラップによる87Rb原子のボーズ凝縮体生成
鈴木 祐介卒論磁気トラップによる原子操作
村石 桂一卒論誘導ラマン遷移を用いた原子干渉計の開発

2001年度

飯尾 能将修論連続原子レーザー実現のためのRb原子のBEC生成
田村 誠道修論冷却ルビジウム原子を用いた原子干渉計の開発
中島 弥磨雄卒論冷却Rb原子によるラマン遷移測定と原子干渉計への応用
山谷 厚太卒論変調移行分光法による半導体レーザーの周波数安定化

2000年度

上原 治修論3コイル磁気トラップによるRb原子のボーズアインシュタイン凝縮の生成
堀越 宗一卒論光位相同期による原子干渉計用光源の開発とその評価

1999年度

田村 誠道卒論Rb原子のレーザー冷却用光源の開発
三浦 達卒論1.5μm帯の光周波数標準光源の開発とその評価